前回のギター学第5弾にて、セーハのコツを解説致しました。

 

今回は改めて左手のフォームについて考えていただくために、

基本的な押弦のコツをテーマにしたいと思います。

 

・単音でも音がちゃんと鳴らない

・弾いているとすぐに疲れてしまう

・痛みがある

 

これらに当てはまる方は、無理なフォームで弾いてしまっている可能性があります。

 

決して練習不足だと決めつけて、弾き続けることは避けてください。

 

正しい力の加え方をし、無理のないフォームで弾くことで、

手への負担をグッと減らすことができます。

 

今回はその左手の負担を減らす、「力が効率的に加わる」フォームを

写真と動画付きで解説していきます。

 

猪居亜美のギター学第6弾をデジタルコンテンツとして販売致します。

商品内容:ギター学第6弾「左手のフォーム」

 

購入ボタンを押すと、決済方法の選択画面へ遷移します。

 

¥700 – カートへ追加

がカートへ入りました。

がカートへ入りました。

レビューを書くためにはログインして下さい。