クラシックギターを弾く上で、「ビブラート」に重点を置いて考えてみたことはありますか?

 

音色を変えるのには、右手のタッチだけではなく、左手も大きく関わっています。

 

弦に触れている時間は、右手より左手の方が遥かに多いのです。

 

今回はそのビブラートについて、記事にしてみました。

動画つきで練習法などをご紹介しています。

 

内容

・ビブラートを使う意味は何か
・音を「揺らす」必要性
・音を「膨らませる」必要性
・ビブラートの原理
・ビブラートをコントロールする

 

 

猪居亜美のギター学第4弾をデジタルコンテンツとして販売致します。

商品内容:ギター学第4弾「ビブラートの作り方」

 

購入ボタンを押すと、決済方法の選択画面へ遷移します。

 

¥700 – カートへ追加

がカートへ入りました。

がカートへ入りました。

レビューを書くためにはログインして下さい。