右手のタッチについて、ギター学第3弾で解説しましたが、

 

併せて考えていただきたいのが、和音を弾く際のタッチです。

 

 

和音のタッチも、しっかりと意思を持って使い分けている人の演奏は

とても丁寧で美しく聴こえます。

 

 

和音のタッチについて考えたことがない、

どのように変化を付ければ良いのか分からない、という方、

 

是非ご覧ください!

 

¥700 – カートへ追加

がカートへ入りました。

がカートへ入りました。

レビューを書くためにはログインして下さい。